ファイル転送プログラム、ソフト

エルネット

エルネットの宅ふぁいる便は、大阪ガスのグループ会社、
エルネットが事業を展開しています。


エルネットは、創業以来「生活者こそが情報の生産者」
という理念のもとに、マーケティングサービスを展開してきた会社です。


エルネットの事業は、マーケティングのノウハウと、
独自の生活者ネットワークをベースに、質の高い生活者情報の
収集と分析、企業の情報発信など、企業が求めているマーケティング
サービスを提供しています。


商品開発やサービス開発のためのマーケティングだけではなく、
新商品・新サービスの戦略、具体的な販売促進の提案・推進まで、
企業の商品・サービス開発からプロモーションまでをトータルに、
サポートしています。


「 宅ふぁいる便 」をはじめ、100万人を超えるサイト利用会員に、
広告やリサーチができます。


会員をしっかりと把握しているので、ターゲットを絞った効果的な
リサーチができるようです。


エルネットは、このような WEB プロモーション&リサーチサービスの展開によって、
企業のあらゆるマーケティングニーズに応えているようです。

大阪ガスが開発した

大阪ガスが開発した宅ふぁいる便、ご存知ですか?


宅ふぁいる便は、大阪ガスが開発して、1999年6月に無償で公開されたものです。


2005年4月からは、大阪ガスグループの株式会社エルネットが、独占使用権を得て、
サービス提供を開始しています。


2006年10月、大阪ガスから株式会社エルネットへ「宅ふぁいる便]]の著作権・商標権も
譲渡されています。


宅ふぁいる便は、大阪ガス株式会社の研究所や技術系部署から、
取引先などとファイル交換をインターネット上で安全に、
簡単に行うことができないのか?ということから、開発されました。


従来のFTP方式や電子メールのファイル添付方式では、
インターネット経路上でファイルを盗み見される可能性があったり、
大容量のファイルを送れないという問題点がありました。


インターネット上でのグリーディングカード(GreetingCard)交換のシステムを参考に、
宅ふぁいる便サービスが開発されました。


もともとは、大阪ガスの社員用サービスとしてスタートしたのですが、
取引先とのやり取りのなかで、このサービスが広く知られることになったようです。

無料です

宅ふぁいる便の、うれしいところは、登録無料だというところですね。


もともとインターネットというのは、パブリックドメインという
無償公開のボランティアで、発達してきたのです。


宅ふぁいる便は、社内と社外、社内と社内でのファイル交換を、
安全で簡単にするために開発されました。


このシステムはとても好評で、社外と社外のファイル交換にも利用したい
という声が多く、無料で一般に公開されたようです。


最近では、ネットのブロードバンド人口の増加や、PCの性能向上と、
サイト知名度向上等で、アクセス数や通信量がかなり増えてきました。


このためサイトに繋がらないことも、多々あるようです。


通信容量を増やしたりなどの対策をたてると、コストは増加することになってしまいます。


宅ふぁいる便を、無料で提供することが、難しくなってきているようです。


いろいろと検討した結果、宅ふぁいる便は、広告を柱とする事業展開を行うことで、
無償サービスを続けることを決めたようです。


登録なしで利用できた宅ふぁいる便は、会員登録が必要になりました。


会員登録は、いままでどおり無料です。広告メールを受領することが条件となりました。

活用方

エルネットの宅ふぁいる便には、活用の仕方が、いろいろあるようです。


もちろん最大の人気は、大容量ファイル受渡しサービスといわれています。


その他に、エルネットでは、宅ふぁいる便を使って、広告プロモーションや、オプトインメール、ターゲティングメール、ネット調査を実施してるようです。


「宅ふぁいる便」を使った広告プロモーションとは、 送受信メール、ローテーションバナー、テキスト、画像&テキスト、メールマガジンなどです。


「宅ふぁいる便」会員対象のオプトインメール広告は、 オプトインメール・ターゲティングメールです。

ビジネスでの利用が殆どのようです。


フリーメールは、登録排除・3回不着すれば自動的に会員削除するなど、常にアクティブ会員ですので、高いアプローチが期待できるようです。


ネット調査「宅ふぁいる便リサーチ」は、 約80万人(平成19年3月)の「宅ふぁいる便」会員を対象に、ネット調査が利用できます。

調査表の設計、アンケートデータの蓄積・集計・報告等もできるようで、とても便利ですね。


宅ふぁいる便システム販売「オフィス宅ふぁいる便」は、 独自のシステムに合わせ宅ふぁいる便を導入したいという要望に応じ、システム販売をしているようです。


エルネットの宅ふぁいる便の活用はまだまだ増えそうですね。

メールを送りましょう

メールを、宅ふぁいる便で送るには、どうすればいいのでしょう?

エクセルやワード、画像ファイルをメールに添付では、送りにくい時がありますよね。大量のデータを、安全で簡単に送受信することができる画期的なサービスが、宅ふぁいる便なのです。

宅ふぁいる便で、一度に送ることのできるファイルは、最大10ファイル容量最大50MBです。

同時に最大3名まで、メールを送ることができます。
ファイルの保管期間は72時間です。開封確認も通知してくれます。
ファイル送信を行うには、宅ふぁいる便への会員登録が必要です。

会員登録は、広告メールなどを受領することが前提となっていますが、会員登録は無料です。

送信は、いたって簡単です。「ファイルを送る」画面に、必要事項を記入して、ファイルを送るだけです。

お届け先にe-mailで「預かりメール」が自動的に送付されます。
ご依頼人にe-mailで「送信確認メール」が自動的に送付されてきます。

ファイルを受け取るには、「預かりメール」に記載されている「受取伝票URL」をクリックすると、「ファイル受取り」画面が表示されますので、内容を確認し、ファイルをダウンロードするだけです。

とっても簡単ですよね。
安全簡単に使えるのも、宅ふぁいる便のうれしいとこですね。